CADの技術を身に付けて、派遣で活躍!

CONTENTS

  1. CADシステムの利便性と進化など
  2. CADの特徴と手順と仕事をするときの注意点
  3. CADは設計にとっては必須です
  4. 派遣社員でCADオペレータになりました
  5. 持っていれば心強い、CADの資格。
  6. CADを使っていた人から聞いた話
  7. CADオペレーターとして派遣された私
  8. CADが使いこなせる
  9. CADの仕事についてのお話
  10. 免責事項等

よく使う派遣関連ホームページ一覧

CADシステムの利便性と進化など

CADとはコンピューターを利用して図面などを書くシステムのことです。以前、私は設計会社で3年ほど務めたことがあります。そこにもCADと呼ばれるコンピューターが2台置いていました。そこの会社には専属のキャドオペレーターがいたのですが、私も簡単な作業で少し使いました。私が作ったのは、道路設計の横断図です。普段は、一枚の大きな図面用の用紙に、道路を横に切った図を何個も書いていくのですが、一枚書くのにすごく時間が掛かります。でもこのコンピューターを使えば、ものの数時間で何枚も書けてしまいます。また、面積や寸法などもその場で測定できるので計算の手間などもなくなります。
CADシステムのすごいところは、一つ基本の図ができれば、後は複写して少しずつ変化させるだけなので簡単でスピーディー、作業効率の上がるシステムの一つです。そのころは、そんなに難しい作業をする機能は無かったのですが、今はウインドウズ版などもあり、手元で簡単に平面だけでなく3Dなどの立体画像も作れてしまいます。なによりも手書きに比べると綺麗で正確です。細かいミスもなくなります。これからもどんどん進化していくシステムの一つだと思います。

オススメ!派遣情報サイト一覧